幼児保育学科

心理・環境コース

生活環境や遊びを体験的に学ぶ

学内にいながら、幼児や保護者の方と接し、実際の保育現場と同じ経験をします。
仲間と協力しながら、問題や課題を解決し、専門的な知識や技術を身につけていきます。

心理・環境コースの学び

PICK UP CURRICULUM

  • 子どもの保健

    子どもの健康と保健を理解する

    子どもの成長発達過程を理解し、子ども一人ひとりが心身ともに健康で、安全な生活をおくるために必要な知識と技術を習得します。同時に母子保健行政の役割についても学びます。

    ※表現・音楽コースでも受講できます。

  • 子どもの支援士(基礎・実習)

    大切な乳幼児期の心を育む

    生涯発達の視点から各発達段階の特徴を学び、子どもの心身発達と保育のかかわりについて考えながら、特に、心の基盤となる乳幼児期の重要性について学習します。

    ※表現・音楽コースでも受講できます。

履修スケジュール例

2年次 ※前期スケジュール例です。

2年次カリキュラム *はコース指定科目
  • Student's Voice 01

    子どもの大切な時期を
    見守りたい。

    音楽に合わせて体を動かし、子どもの表現力を育む「リトミック」の授業があることに魅力を感じ西九短へ入学しました。子どもにも保護者にも信頼される保育士を目指します。

    下村 啓明さん(2年 佐賀県立多久高等学校 出身)

  • Student's Voice 02

    幅広い年齢の子どもに
    対応できる保育士に。

    親子いきいき広場で、子どもはもちろん保護者との関わり方を学びたいと思い、心理・環境コースを選択。保育者として必要なスキルを磨きたいと思っています。

    福田 早希さん(2年 佐賀県・佐賀清和高等学校 出身)

TOPICS

地域の子育て支援活動を通して幼児保育の体験的学びを深めます

お母さんと小さな子どもたちを学内の子育て支援室、保育演習室に招いて、子育て支援事業「親子いきいき広場」を実施しています。学生たちはスタッフとして参加。絵本の読み聞かせや遊具を使った遊びなど、1年間に渡る子どもや保護者の方とのふれあいを通して、学内にいながら保育の現場経験を重ねます。

毎月開催される「親子いきいき広場」は、計画から準備、本番まで学生が主体となって取り組みます。

  • 計画を立てる
  • 衛生管理
  • 壁面制作
  • お迎えの準備
  • リハーサル
  • ミーティング
幼児保育学科TOPへ 学科・コース一覧へ