Department of Rehabilitation

就職率100% うち専門職へ99%

理学療法学専攻/作業療法学専攻

入学定員80名 [ 男女共学 ]

神埼キャンパス

“思いやりの心”を大切に。

保健・医療・福祉におけるリハビリテーションの研究・実践の発展に寄与し、
地域の課題解決に向け地域社会と密接に連携し、広く社会に貢献できる理学療法士・作業療法士を目指す。

取得可能な免許・資格

  • 理学療法士国家試験受験資格 (理学療法学専攻)
  • 作業療法士国家試験受験資格 (作業療法学専攻)
  • 園芸療法士 (共通)

想定される進路

  • 病院
  • リハビリテーションセンター
  • 医療関連機器企業
  • 社会福祉施設
  • 大学院進学
  • 老人保健施設
  • 保健所
  • 行政機関
  • 教育機関

就職・進路 業種別就職状況

学びのポイント

  • POINT01

    人の理解
    生物学的側面や文化的側面など、さまざまな側面から人間をトータルに学び、理解を深め広い視野を育みます。
  • POINT02

    専門知識と技術
    理学療法士・作業療法士としての基本的な知識と技術を身につけていきます。
  • POINT03

    協業と地域リハビリテーション
    他の専門職と協業し、地域のリハビリテーションに貢献できる力を養います。また、講義や実習の一環として地域の介護予防事業にも参画しており、在学中から実践力を養うことができます。
  • POINT04

    研究
    科学的思考能力を養って、未知の課題に取り組む姿勢を身につけます。本学の大学院に進学し、さらなる研究を続けることも可能です。
  • POINT05

    理学療法士・作業療法士に加え、
    園芸療法士の資格取得が可能
    所定の科目を履修することで「園芸療法士」の資格が在学中に取得できます。在学中に「園芸療法士」が取得できるのは全国で3校だけ。就職活動から就職後の臨床まで役立つ資格です。
    園芸療法士とは
    園芸(ガーデニング)を通じて、心身に障がいをもつ方や高齢者の機能回復や症状の改善をサポートします。

国家試験対策

  • カリキュラム外での学習支援
    ホームルームや長期休暇を利用して解剖学・生理学といった基礎科目を繰り返し学修し、知識の定着を図ります。
  • OSCE実施
    OSCE(客観的臨床能力試験)を実施し、自己の臨床能力の到達水準を客観的に知り、不足している知識、態度、技能の学修を段階的に進めることができるように支援します。
  • 個別相談
    学年担任・副担任と1・2年次はチューター教員、3・4年次はゼミ教員が個別に丁寧に対応します。また、教員全員で学生一人ひとりの情報を共有し、4年間サポートします。
  • 国家試験対策
    4~5名の少人数制によるグループ学修を取り入れ、協力し苦手分野を克服します。また教員が国家試験を分析し独自に作成した問題などを用いながら、国家試験合格に向け、教員・学生一丸となって取り組みます。

Message from Professor

思いやりと想像力を持ち、
問題解決のために積極的に行動する専門職業人へ。

保健と医療、福祉の連携と統合が提言されているわが国において、本学科では他学科や病院、福祉施設に勤務する卒業生などと連携をすることで、チームの一員として地域の高齢の方と障がいのある方の支援を重視しています。また、教育研究をとおしてめざすのは、豊かな人間性を持つ理学療法士、作業療法士の育成です。これから本学科で学びを深める皆さんには、人に対するあたたかい気持ちと探究心を胸に、問題意識を持って学ぶ姿勢を大切にしてほしいと思っています。人を愛し、思いやる心と想像力を持ち、笑顔を大切にする人を心からお待ちしています。 リハビリテーション学科長 小浦誠吾教授

学部・学科一覧へ