理学療法学専攻 物理的手段をもちいて運動機能のリハビリを行う

理学療法学専攻/入学定員40名[男女共学]

PT

人間性豊かな
理学療法士を育成

理学療法の実証的研究と技術を活かし、疾病や障がいの予防・改善の方法論を確立して人々の健康の保持・向上に貢献します。対象者の生活や文化などに配慮できる、人間性豊かな人材を育成します。また、他職種と協働して対象者や地域、社会の多様なニーズに応えることのできる理学療法士をめざします。

目指す
資格・免許
理学療法士

物理的手段をもちいて運動機能のリハビリを行う

学びのポイント

POINT

理学療法士への第一歩は、患者様の心と向き合うこと
理学療法士として大切なことは、基本的動作能力を回復させるだけでなく、その人らしい生活を取り戻すことにあります。そのためには、その人の生き方や想いを知ることが重要。本専攻では、1年次から病院や施設での実習を実施。患者様や障がいのある方々と接する機会を多く取り入れています。
また、地域在住高齢者の介護予防活動にも積極的に参加し、コミュニケーション能力と豊かな人間性を育みます。さらに、学年が進むにつれ医学的な知識も修得。4年次には治療プログラムを立案し、実施する臨床実習IVに取り組み、資格取得をめざします。

ピックアップ授業

  • 理学療法評価学Ⅰ・Ⅱ
    患者さんが抱える課題や治療効果を把握するための検査・測定法を学びます。疾患に応じて検査を選択する知識と、適切に実施できる検査技術を学修します。繰り返し練習を重ねることで知識と技術を身につけていきます。
  • 解剖学
    解剖学は医学の基礎となる学問です。対象者に理学療法および作業療法を提供するためには、骨や筋肉、脳や内臓など多くの知識が必要となります。難しいでしょうが、必要な知識なので頑張って覚えて下さい。
  • 実習を通じて確かな技術と専門知識を修得!
    臨床実習とは、理学療法士や作業療法士になるための最も重要な科目の一つで、理学療法士や作業療法士が勤務する病院や施設で行う実践的な科目です。1・2年次では見学を中心とした実習、3・4年次では臨床実習指導者の指導のもとに実際に評価や治療を行います。リハビリテーション学科では、1年次から4年次まで、学年ごとに臨床実習がカリキュラムに組み込まれており、臨床実習の総時間数は900時間を優に超えています。このように、臨床現場において学内で修得した専門知識や技術を駆使して実践力を身につけ、資格取得をめざしていきます。

免許・資格取得までのフローチャート

図を拡大する

  
  

リハビリテーション学部TOPへ

  

学部・学科一覧へ