TOPICS

お知らせ

    重要2021.09.02
    令和3年度(2021年度)後期の授業方法について
学生・保護者各位
教職員各位
 
令和3年度(2021年度)後期の授業方法について

 
 9月24日(金)から始まる後期授業においては、本学では、学生の約8割以上がワクチン接種をすでに終えており、講義室やその他施設を使用したすべての授業を対面にて1日も早く再開したいとの思いを強く持っておりました。しかし、8月中旬より全国的な新型コロナウイルス感染状況は、経験したことがないほどの増加となって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象となる自治体の拡大となっています。特に、感染力の強いインド由来の変異株「デルタ株」の占める割合は、9割以上となりワクチン接種率の進んでいない若者の感染後の症状悪化が指摘されています。
 西九州大学及び西九州大学短期大学部では、感染拡大に対する対応の観点より、既存の施設において開講している授業の受講者数に応じて3密(密閉・密集・密接)を回避する教室等を提供することが実質的には難しいことから、方針として、後期のすべての授業を対面での実施に踏み切ることは困難であります。
 つきましては、学生や教職員の健康と安全を守ることが最も重要であるという視点に立脚し、引き続き前期と同様、原則として講義科目は遠隔授業(リアルタイム型)で実施いたします。また、授業科目によっては、引き続きオンデマンド型授業の場合もありますので、担当教員からの指示に従って下さい。
 なお、一部の演習・実験・実習については感染防止対策を行ったうえで、9月24日(金)より登校しての対面授業を実施いたします。
 従いまして、9月24日(金)から始まる後期授業においても、遠隔授業と対面授業が混在しますので、各学科の時間割を各自必ず確認し、間違いのないよう受講してください。後学期の時間割は、遅くとも9月15日(水)までには、学生ポータルサイト上に掲載します。
 学生およびご家族、教職員の皆様の感染リスクの低減と学生自身の学修の機会を担保するための措置となりますので、状況ご賢察の上、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。また、各自において引き続き十分な感染防止対策をくれぐれもよろしくお願いいたします。
 
令和3年9月2日
西九州大学 
学長 久木野憲司
西九州大学短期大学部
学長 福元裕二

一覧に戻る