TOPICS

お知らせ

    お知らせ2021.06.24
    【お知らせ】ワクチン接種後における公欠の取扱いの拡大について  
公欠の取扱いの拡大について

1.取扱い拡大の事由
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、特別措置として公欠の取扱いを拡大する。

2.取扱い拡大の内容
 【学生】
1.37.5度以上の発熱があり、風邪の症状が見られる場合
→ 症状が見られなくなるまで「公欠扱いとする」
2.新型コロナウイルス感染症の検査対象となり、検査結果が判明するまでの間
→ 「公欠扱いとする」
3.新型コロナウイルス感染症に感染していると診断された場合
→ 治癒するまで出席停止とし、「公欠扱いとする」
4.新型コロナワクチン接種に関する取扱い
→ 接種後、発熱などの体調不良が発生し、講義受講が困難な場合は、接種当日を含め最大3日まで、「公欠扱いとする」(1回の接種毎に対象とする)
 

 【同居の親族等・濃厚接触者】
1.新型コロナウイルス感染症の検査対象となり、検査結果が判明するまでの間
→ 「公欠扱いとする」
2.新型コロナウイルス感染症に感染していると診断された場合
→ 治癒するまで出席停止とし、「公欠扱いとする」
 
※ いずれの場合も所定の手続きを行った場合の取扱いとする。
※ 感染の疑いがある場合、まずは各キャンパス学生支援課へ連絡すること。

西九州大学
学長 久木野 憲司
西九州大学短期大学部
学長 福元 裕二

前のページに戻る