TOPICS

お知らせ

    お知らせ2019.11.13
    神埼清明高校との高大連携を実施しました

西九州大学 神崎キャンパスに神埼清明高等学校 総合学科2年生25名が、園芸療法に関しての聴講及びガーデンの見学に見えられました。講義ではリハビリ現場での導入例や園芸療法の有効性について学び、園芸療法ガーデンでは生徒間同士でガーデン内の移動を車椅子使用者の立場に立って体験を行っていただきました。


植物に直接触れて、触感や嗅覚など五感を刺激する園芸療法の奥深さに感心すると共に、園芸療法を通してのコミュニケーションがもたらす認知症予防への取り組みに生徒達は熱心にメモをとっていました。高校での学習がリハビリテーションで生かせることを体感していただけたのではないでしょうか。
 これを機会に、神埼清明高校の苗を西九州大学で継続して育てていく計画などの交流を図ることになりました。本日は短い時間ではありましたが、本学にお越しいただき有り難うございました。またのお越しを教職員一同、お待ちしております。
 
※園芸療法とは『草花や野菜などの園芸植物や、身の回りにある自然との関わりを通して、心の健康、体の健康、社会生活における健康の回復をはかる療法』です。
 

前のページに戻る