あすなろう精神に基づく人間教育

永原学園の理念

あすなろうの精神に導かれて。

「世界文化の向上と人類福祉に寄与する人物の養成」を建学の精神として開学。以来、60年以上にわたり、「健康と福祉の探究」を目標に、社会に有用な人材を輩出するとともに地域社会への貢献を行って参りました。神埼キャンパス内に設置された「地域連携センター」および佐賀キャンパス内に設置された「健康福祉・生涯学習センター」では地域の人々との交流を積極的に展開し、ふれあいの実績と信頼を築いています。

創設者 初代学長永原 マツヨ

永原学園の教育理念を象徴する「あすなろう」。
あすなろ(翌檜)とは「明日はひのきになろう」の意。
学生が自らの可能性を信じ、自らの力によって、その持てる才能を開花させ、将来の大きな目標に向かって突き進む姿勢を、永原学園は全力で導いています。常に前向きに、ひたむきに向上する、努力精励の精神が創立者の理念として貫かれているのです。

学園組織

健康と福祉の探究を目標として総合教育ネットワークを展開する永原学園西九州大学グループでは、保育園・幼稚園・専門学校・短期大学部、そして佐賀県内唯一の4年制私立大学、西九州大学を擁し、全国また海外へと活躍を試みる可能性豊かな人材を育んでいます。

グループのネットワークメリットを活かし、独自の教育システムを整備。西九州大学短期大学部から西九州大学への3年次編入学。
さらに、夜間に専門学校で調理師の免許も取得できるダブルスクール制度など、学生の向学心をバックアップするための万全の体制が整えられています。

組織図

ページのトップへ