学科・コース

幼児保育学科

子どもたちの可能性を大切に育てる保育者としての技術と心を学ぶ

表現力と音楽を中心に学ぶコース、
子育て支援活動など体験から学ぶコース、2つのコースから自分にあった学びを選べる幼児保育学科では、
子どもたちの感受性や可能性を育てる力を養います。

幼児保育学科の学びの特色

  • 保育者としての基本的な
    知識と技術を学ぶ

    子どもたちの健やかな成長を支えるためには保育者としての基本が重要となります。身体だけでなく心もサポートできる保育者を育成するために、さまざまなカリキュラムと実習で、専門的な知識と技術を身につけます。
  • 保護者に寄り添う
    保育者としての資質を養う

    保育者は、子どもたちのサポートはもちろん、保護者へのケアも大切です。育児に対する不安や悩みなどをしっかりと寄り添ってサポートできるよう、保育者としての資質を育んでいきます。
  • 2年間の学びの集大成を
    大きなステージで披露

    表現・音楽コースの学生は、800人を収容できるホールの大舞台でミュージカルや器楽アンサンブルなどを披露。1年次より出演することで、表現力や企画・運営力を磨きます。

目指す進路

  • 保育所、幼稚園、認定こども園
  • 乳児院、児童養護施設
  • 知的障がい児施設
  • 肢体不自由児施設
  • 4年制大学への編入学 など
ページの先頭へ
オープンキャンパス2018