学部・学科

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

人間性豊かな理学療法士を育成。
理学療法の実証的研究と技術を活かし、疾病や障がいの予防・改善の方法論を確立して人々の健康の保持・向上に貢献します。対象者の生活や文化などに配慮できる、人間性豊かな人材を育成します。また、他職種と協働して対象者や地域、社会の多様なニーズに応えることのできる理学療法士をめざします。
学びのポイント
理学療法士への第一歩は、患者様の心と向き合うこと。

理学療法士として大切なことは、基本的動作能力を回復させるだけでなく、その人らしい生活を取り戻すことにあります。そのためには、その人の生き方や想いを知ることが重要。本専攻では、1年次から病院や施設での実習を実施。患者様や障がいのある方々と接する機会を多く取り入れています。

また、地域在住高齢者の介護予防活動にも積極的に参加し、コミュニケーション能力と豊かな人間性を育みます。さらに、学年が進むにつれ医学的な知識も修得。4年次には治療プログラムを立案し、実施する臨床実習IVに取り組み、資格取得をめざします。

取得できる主な免許・資格

免許・資格名 内 容
理学療法士国家試験受験資格 障がいを持った人々に対し、早期から運動療法や物理療法を通して運動機能の回復を図り、また、福祉機器や装具の活用により、立つ・歩くなどの基礎的動作能力の改善を図って日常生活の自立を促進していきます。
園芸療法士 園芸療法とは、草花や野菜などの園芸植物や、身の回りにある自然とのかかわりを通し心や体の健康、社会生活における健康の回復を図る療法です。

想定される進路

  • 病院
  • 老人保健施設
  • リハビリテーションセンター
  • 保健所
  • 社会福祉施設
  • 行政機関
  • 医療関連機器企業
  • 教育機関
  • 大学院進学
ページの先頭へ