TOPICS

スポーツ健康福祉学科

    お知らせ2020.03.09
    ユニバーサルスポーツワークショップ 参加報告
  2月20日(木)から3日間、本学にて開催されたユニバーサルスポーツワークショップにスポーツ健康福祉学科の学生22名が参加しました。 2日間かけて「ユニバーサルスポーツ(障がいの有無に関わらず、難しくなく、安全で、楽しむことのできる)」のプログラムづくりに励みました。 3日目には、佐賀市内の障がいのある子どもたち約40名を対象に、作成したプログラムを用いたスポーツ交流の場を提供しました。
  このワークショップでは、日本福祉大学スポーツ科学部(愛知県)の学生8名と共に活動を行いました。 はじめはぎこちない雰囲気もありましたが、時間を共にする中で、子どもたちに楽しんでもらえるよう互いに協力して取り組む姿が見受けられました。 オリンピック・パラリンピック等で採用されている競技スポーツとは一味違った「ユニバーサルスポーツ」をつくり上げていく過程の中で、「スポーツ」に対する捉え方の枠が広がったようです。

  

前のページに戻る