TOPICS

大学院

    お知らせ2020.01.31
    【大学院】大学院FD研修会 「ライフステージに応じた発達障害者の支援」シンポジウム 開催報告
令和元年度大学院FD研究会として、2020年1月30日西九州大学7号館にて「ライフステージに応じた発達障害者の支援」シンポジウムを開催しました。昨年の大学院開設20周年記念シンポジウムよりは若干少なかったですが47名の参加がありました。
 
 
昨年同様、研究科長の宮原が総合司会をし、開会の挨拶を福元学長にしていただきました。
 
記念講演は仙波先生(リハビリテーション学部)が「発達障がい児の事例報告」というテーマで学童保育と作業療法士の連携の重要性を述べていただきました。
 
  
 
 
 
シンポジウムでは小松先生(リハビリテーション学専攻)の進行で、大島さん(OTR)、池田先生(臨床心理学専攻)、福元学長、中村先生(子ども学科)の順で発達障害児・者の支援について語っていただきました。
 
今回のシンポジウムで受付、アンケート回収をしていただいた岸川先生(リハビリテーション学部)、安田先生(健康栄養学専攻)、伊藤さん(リハビリテーション学部)

前のページに戻る