TOPICS

大学院

    お知らせ2019.05.27
    【大学院】 令和元年アジアンコミュニティカフェ視察記
令和元年5/25健康支援センターにおいて第6回アジアンコミュニティカフェ(ACC)が行われました。大学院アクションプログラムに盛り込ませていただいたので研究科長の宮原はゼミ生を引き連れて開催より早めに参加し、会場設営、エスニック料理のお手伝いをしてきました。
今回はプラットホーム事業も兼ねていたので長崎国際大学の教員、留学生(中国、韓国、台湾、ベトナム、ミャンマー)50名に本学社会福祉学科田中豊治先生、学部生、留学生、一般参加者40名と合わせ90名の参加人数でした。


ACCの目的が「ワンワールド化」「リージョナリズム」「アジア・リージョン」など難解な語句で説明していましたが、オープニングが中国語講座で好きです(ウォシィフアンニィ)愛している(ウオアイニィ)などすぐにでも使えるフレーズでした。次に中国人留学生3人組による唄「友達」(中国では卒業式に歌うらしい)を全員で大合唱。
 
アジア若者フォーラムでは、留学生と日本学生が8グループに分かれ「外国留学生人からみた日本人学生の特徴など」を話合いました。
日本人は勤勉で優しい。雨の中留学生が歩いていたら知らない日本人から傘をもらったなど
 

左から2人目の中国人留学生(長崎国際大学観光科)は私の姪に似ていました。
 
 
本日のメインイベント、中国、韓国料理(写真4)を皆で試食しました。
韓国料理キンパ(日本の巻き寿司風でソーセージなどが入っていました。)
中国料理(チジミ風。)
ほか韓国の焼きそば(ニラを使う)、スープなどを堪能しました。
 
 
次回、第7回アジアンコミュニティカフェは7/15 10時~12時に健康支援センター
であります。ファッションショーやタイ、セネガル料理の試食会が企画されています。
皆さん、こぞって参加しワンワールド化しましょう!
 
文責:宮原
 
 
 

前のページに戻る