TOPICS

    2018.06.11
    【社会福祉学科】 ゼミ紹介 ~卒業研究の取り組み(加藤ゼミ)~
加藤ゼミには8名の4年生が所属しており、7月の卒業論文提出に向けて、
各々のテーマに沿った卒業研究に取り組んでいます。
卒業研究の目的は、日々変化する社会福祉の現場や支援のあり方および
課題ついて、その背景や原因を明らかにし、解決や発展の方策を検討するための
基本的なスキルを身につけることにあります。
現在のゼミは、メンバーが自身の研究結果を報告し、ディスカッションに
取り組んでいます。

今回の発表者の研究テーマは「住民による地域福祉の構築~久米島農産物直売所の
事例を通して~」です。ゼミ生自身の出身地である沖縄県久米島の「ゆんたく」という
農産物直売所を調査対象に、アンケート調査やインタビューに取り組みました。
その結果、地域高齢者の生きがい構築にとどまらず、地域住民のつながり形成の
可能性も見出したようです。

社会福祉実践は介護サービスや福祉事業だけでなく、ありとあらゆる分野で展開が
可能な概念です。今回の発表者は今後、介護予防や地域包括ケアの知見を用いて、
考察を深めていく予定です。

前のページに戻る