健康栄養学部 健康栄養学科のお知らせ

健康栄養学科の学生がフィリピン語学留学に参加しました!その①

2017/12/25

フィリピン語学研修レポート~その①~
                    健康栄養学部健康栄養学科 3年 金嶽奈々
 
フィリピンに行く前の目標は、授業を楽しく受けるために英語を勉強しておくことでした。しかし、臨時実習が語学研修に行く1週間前にあったため、英語の勉強や荷造りも準備不足のままフィリピンに行く日を迎えることになりました。時間を逆算して少しずつ準備することと、勉強も一気にやるのではなく前々から勉強すべきだったなと反省しました。
フィリピンに行っている間は、当たり前のことですが景色が日本と違うなと感じました。日本よりも雰囲気がシンプルだけど、日本よりカラフルに見えました。特に、外に遊びに行くときにはよく思っていました。
一番不安だった英語での授業は、大学の授業より楽しく受けることができました。その理由は、マンツーマンなので、気になった所を深く教えてもらうことができ、また、教科書通りではなく、いきなり歌い出す先生もいたり、談話をして1時間で終わる授業もあったりというように、自由な感じが私に合っていると感じたからです。大学の授業もこんな感じだったら絶対楽しいだろうなと思いました。
フィリピンから帰ってきてからは考え方が変わったと思います。語学研修前までは、英語の勉強など、なんでも完璧にしなければいけないという考え方でしたが、実際にフィリピンに行って、もっとラフに自由にやっていいのかもしれないと思うようになりました。その理由の1つ目は、フィリピンの生活スタイルが自由な感じで、英語を教えて下さる先生も自由で面白かったからです。2つ目に、必ずハプニングや思っている台本通りには事は進まないということを痛感したからです。真面目にしなければいけない場面ではしっかり真面目にやらなければいけないと思いますが、自由に楽しんで臨機応変に生活しているほうが、自然に動けたり、いいアイデアが浮かんだりするのだと感じ、私はこっちのスタイルの方が合っていると思いました。
フィリピンに行けて本当によかったです。素晴らしい思い出になりました。






 
ページの先頭へ
ページの先頭へ