学科・専攻科

子どもから大人まで、人と環境に合わせた食事づくり・健康づくりを支える 食物栄養学科の学び

調理ができる栄養士を目指して

即戦力となる高い技術力を身につける

さまざまな調理実習で食事づくりの基礎を学びます。
段階的に進めていくことで、現場で即戦力として活躍できる高い技術力を身につけます。

  • 1年次前期 日本料理
  • まずは日本料理の基礎理論を学ぶことからスタートし、料理の技術を培っていきます。
    また、食品加工も実習します。
  • 1年次後期 西洋料理
  • 西洋料理の基礎理論を学び、調理技術についても学んでいきます。
  • 2年次前期 中国料理
  • 中国料理の基礎理論を学び、調理の技術を習得します。
  • 2年次後期 創作料理(選択)
  • これまでに学んだ3科目の基礎料理をもとに創作料理を学習。応用力を身につけます。

2年間で身につく力

  • 即戦力となる高い技術力 多くの実験・実習を通して、現場で即戦力として活躍できる高い技術力が身につきます。

  • 現場で活きる実践力 体験型の授業を通して、「自分で考える、行動する、皆で何かをやり遂げる」を体得し、現場で活きる実践力が身につきます。

  • 美味しさを生み出す創造力 学内外のイベントを通して、食を演出する技を習得し、美味しさを生み出すおもてなしの心、創造力が身につきます。

充実の実習プログラム

充実の実習プログラム
ページの先頭へ