学科・コース

食物生活し

食べることから学ぶカラダとココロ、そしてヒト。

多くの人の健康を支えるために、
心とからだを育てる「食」について学びます。
本コースでは、さまざまな調理実習で
食事づくりの基礎を学び、実践的な教育に力を入れて、
その専門家を育てます。

食生活支援コースの学びの特色

①充実の実験・実習を通して、現場で役立つ力が身につく 食生活支援コースのカリキュラムは、実習や実験の時間が多いのが特長。そのため、知識だけでなく、現場で即戦力として活躍できる高い技術力が身につきます。調理ができる栄養士を育てます。②栄養士&調理師のダブルライセンスが可能 夜間は併設校で学ぶことで、栄養士&調理師の両免許を在学中に取得することが可能。ダブルスクール制度を利用すれば、単位互換制度や学納金減免制度もあり、時間的にも経済的にも効率よく2つの免許を取得することができます。③地域で学び、地域に貢献する活動を推進 積極的に地域に出向き、地域の方々との交流を通して企画力・コミュニケーション力を養います。旬菜カフェや親子クッキングなどの地域に貢献する活動を推進しています。④お菓子づくりの技術が得られるのも魅力! 在学中は栄養・調理の学びだけでなく、他にも製菓講義と実習の授業が受講可能。就職後、現場でのおやつ作りに役立ちます。

食生活支援コースTOPICS

  • 調理実習(中国料理)
    グループ作業を通して実践力を養う
    専門職業人としての基礎力を身につけることを目的に、2年次には中国料理の実習を行います。グループごとに3~4品の料理を作成、グループ作業を通して他者の長所を参考に学び合い、協調性を養います。

    調理実習(中国料理)グループ作業を通して実践力を養う

  • 認定こども園で親子クッキング開催 小さなお子さんとお母さんたちを対象に、「郷土料理を学びながら、野菜をたくさん食べよう」をテーマに親子クッキングを開催。学生が中心になり、メニュー考案や指導までを行いました。

    認定こども園で親子クッキング開催

  • 学内給食の実習で大量調理を体験 これまでの授業や実習で得た知識と技術を活用して、学内給食を提供する実習。献立作成から衛生面への配慮まで一連の流れを把握し、一度に大量の食事をどのようにして作り上げ、安全に提供するのかを実践で学びます。

    学食ピナスにて、教職員や学生向けに昼食を作ります。予約制で食券も販売、当日は忙しさに圧倒されますがやりがいのある実習です。

    学内給食の実習で大量調理を体験

ページの先頭へ