学科・コース

子どもたちの感動にアプローチできる手法を学ぶ 表現・音楽コース

子どもたちの個性と創造力を育む表現力を身につけます

子どもたちが大好きな手遊びやダンス、歌や音楽の技能を学び、指導法を身につけます。子どもたちの表現力を高め、世界観をひろげるためには、保育者の身体活動や音楽性が豊かでなければなりません。そこで、マンツーマンのピアノ指導や声楽レッスンで学生の音楽性を鍛錬。さらに、絵本の読み聞かせや劇あそびなど、子どもたちの感動にアプローチできる手法を学びます。そして、幼児の個性や想像力を引き出すための知識と技術を培います。

また、学びの集大成となる実技発表会では800人収容のホールの舞台でミュージカル、ブラックシアター、器楽合奏などを発表します。この体験は「表現」への自信につながり、発表までの学習過程が表現力を豊かにします。

表現・音楽コースの学びの特色

表現・音楽コース実技発表会

2年間で身につけた表現力を披露する45年続く学生主体の一大イベント!

学生自らがテーマを選択する「卒業課題研究」。テーマに合わせ、研究・工夫を重ねてきた成果を、ミュージカル、器楽アンサンブルなどの形にして披露。子どもから大人まで、幅広い年代のお客様に楽しんで頂いています。

充実の実習プログラム

  • リトミック 音楽を身体で感じることで子どもの情操教育の指導方法を学びます
  • 音楽に合わせて体を動かすことを通して、集中力や思考力などを総合的に育む活動で、保育現場でも注目されています。本学科では「幼稚園・保育園のためのリトミック指導資格2級(特定非営利活動法人 リトミック研究センター認定)」が取得できます。

  • 図画工作 個人で作品を仕上げて実力アップを図ります
  • 1年次から絵具を使った色彩とグラデーション、2年次には版画など、保育の現場で役に立つ実践的な授業が行われます。

ページの先頭へ