大学院

生活支援科学研究科 地域生活支援学専攻(修士前期課程定員:5名)

現代社会のニーズに対応できる、幅広い社会福祉の知識を備えた、研究者を養成。

本専攻では、複雑な現代社会における人々の社会生活上の困難や問題の解決・緩和・抑止・予防を図る生活支援の基盤を支える社会福祉学の原理や仕組み、政策と実践等に関する体系的な知識、関連する隣接領域の知識の習得を通じて、多角的な視点から生活支援とは何かを追究します。

特に人が地域で暮らすとはどのようなことか、地域生活支援として他者の生活や人生に関与することの意味を深く考え、生活支援科学の研究能力を培うことを通じて、地域生活支援学に関する高度な専門的な知識と技能を兼ね備えた高度専門職業人を育成することを教育理念・目標として定めています。

教育課程編成方針
地域生活支援学専攻(博士前期課程)では、複雑な現代社会での人の生活支援の基盤を支える社会福祉学の原理や仕組みを多角的な視点から学び地域生活支援に関する専門的知識・技能および研究能力を修得できるように適切に科目を配置しています。
地域生活支援科学の研究方法、隣接領域等に関する科目から地域生活支援学の基礎が学べるよう配置しています。
地域生活支援を多角的に分析・検討・考察できるように設定し、豊かで実践的な視点を養い生活支援専門職の実践力を高めるよう工夫しています。
研究指導により修士論文を作成し、地域生活支援学の研究能力を培うように設定しています。

職種例

福祉系教員・研究者、社会福祉関連行政職員、社会福祉協議会職員、各種福祉関連施設オーガナイザー、介護支援、対人援助関連コーディネーター、スーパーバイザー、調査・研究スタッフ など

想定される進路
大学・短大、専門学校、福祉行政、保健行政、社会福祉施設 など
ページの先頭へ