大学院

生活支援科学研究科 臨床心理学専攻

心の援助者として、幼児から高齢者に至るまでの臨床実践ができる人間性豊かな高度専門職を養成。

本専攻の学びの特長は、現代社会における心の専門家である「臨床心理士」を養成するために特化されています。本専攻では、臨床心理学の理論と専門的知識を学習するとともに、深い人間理解に基づいた実践的技能と高い倫理観を養い、心の援助者として幼児から高齢者に至るまでの臨床実践ができる人間性豊かな高度専門職を養成します。

第1種指定大学院として、臨床心理士の受験資格が得られる科目を配置しています。
また、公認心理師資格法案(国家資格)が成立しました。本学でも今後、受験資格を得られるよう、カリキュラム編成の準備を進めています。

教育課程編成方針

本専攻では、高い倫理観と豊かな人間理解と支援のための高度な学識と実践力、さらに臨床実践研究のための能力を備えた「心の相談・支援の専門家」として活躍できる人材を養成するために、「共通」、「基礎分野」、「展開分野」、「研究演習」の4分野からなる教育課程を編成しています。

なお、本専攻は公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院と認可されており、臨床心理士受験資格取得の要件となる必修科目と選択科目を「基礎分野」と「展開分野」に配置しています。

職種例

小学校、中学校、高等学校におけるスクールカウンセラー、医療機関(小児科・精神科等)における心理職、児童相談所、法務省関係、福祉施設における心理職 など

想定される進路
教育機関、医療保健施設、児童養護施設、福祉行政 など
ページの先頭へ